忍者ブログ

  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



毎年恒例の好評のイベント。
今年は7月1日~7月31日までの1ヶ月間。
この機会をお見逃しなく・・・

アダオブヘアー 7月4日(土)
静岡県東部 美容室
PR


ウィヴィングの効果は、地色、または既染毛より
色のレベルを上げることにより、ハイライト効果が生まれ、
質感・流れ・ツヤ・顔色などを演出するのに必要な施術です。

たとえば、外人の金髪にライティングが当たると、
影の部分とのコントラストが表現されますが、
日本人の黒髪はライティングが当たっても
ベースの髪が暗いためにコントラストを感じません。
それを人工的に表現した物だと思ってください。

書店に並んでいるヘアカタログを開くと、モデルの大半に
この技法を用いています。

黒髪や、全体に少し明るく染めた髪のレベルを上げた技法をハイライト。
逆に、明るめに染めた髪にパンチが欲しい場合、
毛束をジグザグにチョイスして、少し暗めにカラーを入れることもありますが、
この技法は専門用語でローライトといいます。

まだ、経験したことのない方、今度トライしてみてくださいね。
お顔の表情も明るくなりますよ。

  アダオブヘアー 小澤利雄 21年7月2日(木)

静岡県東部 美容室
 ハイライト効果

スライスして均等にチョイスした毛束を、ベースのカラーより
明るめに染めていく。

私が改めてこの技法を新鮮に感じたのが17年前。
都内で行われた、某有名サロンの
ヘアーショーを飾るモデルメイクの仕事の際。

1970年代から80年台をテーマにしたショーの、
活気だっていた楽屋での片隅で、
スタイリストが仕込み段階でスライスした毛束を
ホイルに貼り、染めていく。

テーマに沿った、目尻強調のモデルメイクをしながら片目でチラホラ。
それ以前にもメッシュが流行った時期もあったが、
頭全体のホイルワークを目にしたのはこの時が初めて。

さっそく静岡に持ち帰り、お客様におすすめしていたが、
まだ当時は、消費者のカラーへの意識が低かった。
それから数年たち、カラーが主流となり始めると同時に、
専門誌から発信されたウィーヴィングは、脚光を浴びることとなった。
                       ・・・続く

アダオブヘアー 小澤利雄 21年7月1日(水)

静岡県東部 美容室
 キャンバスのようだった・・・携帯にて

日曜夕方の空

それまでどんよりと、
今にも沈んでしまいそうな空に
輝かしい光が。

いつの間にか雲の表情まで変えてしまった。

        アダオブヘアー 小澤利雄 21年6月30日(火)

静岡県駿東郡 美容室


悪夢の26日金曜日・・・一回転して側溝に着地?の結末・・・

右側 : 掌・薬指・中指・上腕・脇腹打撲。膝・肘擦傷。肋骨一本骨折。
左側 : 背中・腰打撲
メガネ左側フレーム紛失。コンパクトデジタルカメラ・ウエストバック破損
プロテクター付革ジャン・インナーTシャツ・カーゴパンツ亀裂
仕事、当日からバッチリOK・睡眠NG(寝返り打てず)・・・命に別状無し

   
    アダオブヘアー 小澤利雄 21年6月28日(日)
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
<<