忍者ブログ

  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

19.10上高地

雪の中の曼珠沙華は奇妙だったが
白に赤のコントラストは神秘的だった。

曼珠沙華の
周りの雪と土を丁寧に掘り起こし

根に土を少し残したまま巾着に入れた。

巾着を肩にかけながら
エミューに別れを告げ

東方向に足を踏み出したところで
不思議なことに、雪は跡形もなく消えた。

 

険しい道だった。


深い森を歩き、

沢に差しかかったところで

狼と出くわしてしまった。

狼は沢の上流
ほぼ中央の岩の上から
こちらを見据えている。

 

張り詰めた空気の中、

 胸の鼓動が耳元まで響いてくる。
勇気を出し,
怯まないよう自分に言い聞かせ、
生意気な口調で聞いてみた。

「狼よ、お前は俺を食うのか?」

 

狼は答えた

「俺様は体の中が汚染されている今の人間を食わん。
 お前も化学物質の臭いがする。
 それにお前が持つその巾着の曼珠沙華…
 俺はそいつが苦手でね。」

 

      20411日(金)てんくうの滝

PR
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
<<