忍者ブログ

  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

比較

今回は実際にウイッグをカットしてみました。
(写真上でダブルクリックすると拡大できます。)

向かって左がボブ。右は目尻の延長線上にウエイトを表現したスタイルです。
この写真を紙などで半分ずつ隠し、比較してみてください。
ライティングで受け止めにくいかもしれませんが、
顎ラインが強調されるのはどちらかわかりますか?
やはり、左ですよね。目の下も長く感じます。
前号で記述したとおり、ワンレングスボブのウエイトは下部にあります。
逆に、向かって右側のスタイルのウエイトは上部ですね。
“目尻から眉尻の上部延長線上”にかけてウエイトを作ることにより
自然と目元が強調され、小顔にも見えます。
「額の幅が狭く頬骨が強調されてしまう」などの骨格の補正にも
最適な方法のひとつといえるでしょう。
さらに、毛先をエラ部分に這わすことにより、輪郭カバーもできます。
このようなダイヤモンドシルエットは、骨格補正が安易にでき、
ショートの中でもエレガントな雰囲気を醸し出せます。
あくまでもお客様のお好みが最優先ですが、
ウエイトポイントが下がることで雰囲気もかなり変わってきます。
お気に入りのラインを維持するには、やはりこまめなカットをおすすめいたします。

「その髪型似合うね」 「綺麗になったね」 「私も真似したい」・・・
褒められれば「嬉しい!」ですよね。
笑顔いっぱいに喜ぶということは、心に素敵な宝物を与えてくれます。
こうして、わたくしたち美容師は、
お客様の心の宝物を増やす内面美にも関わらせて頂いております。
お客様に喜んでいただき、笑顔でサロンのドアを開ける姿に、
わたくしたちも毎日が感動です。
   アダオブヘアー 小澤利雄 20年1月16日(水)

PR
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [7] [6] [5] [4] [3]
<<