忍者ブログ

  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  ¥4200 (税込)
おすすめ
① 白浮きしない
② 皮膜感なし
③ 石鹸で落とせる
④ ケミカルフリー (赤ちゃんもOK)
⑤ グレープフルーツの香り

  上村松園 
絵にさほど興味を持たなかった何年も前に、
画廊勤務経験ある友人から、
明治から昭和を生きた
日本画家、上村松園の存在を聞いた。
それから企画展などで実絵を観覧する度に、松園の作品に魅了されていく…
透かしへのこだわりや、生え際のぼかしに繊細な髪の表現。
鹿の子やかんざし、着物に帯の色使い。
透明感ある肌に表現された微かなグラデーションに魅かれ
知らぬ間に自分の顔が作品に近づいている。
スランプ時に描いたとされる 「焔」(ほのお)は、
東京国立博物館 (月曜休館なので行くのが難しい) から門外不出。
しかし下絵を目にした時は、タイムスリップしたかのように、
松園の存在が身近に感じ、時間の不思議を感じてしまった。

          アダオブヘアー 小澤利雄 21年5月1日(金)
PR
[302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294] [293] [292]
<<